ホーム > ニュース > 業界ニュース

プラスチック射出成形部品にボイドや気泡がある場合はどうなりますか?

2022-02-28

プラスチック製品の内側の隙間は、円形(気泡、真空気泡)または細長い気泡の形をしています。射出成形製品の場合、気泡やボイドが発生し、一般的に透明な製品の外側から内部のボイドが見えます。これは、溶融材料が射出成形機の金型に入った後、製品が硬い冷却層を形成し、金型の冷却度に応じて内向きまたは高速または低速で成長するためです。厚肉部では、中央部が高温と作業性を維持し、収縮を続けています。



射出成形部品の内部ギャップを解決するにはどうすればよいですか?
1ã€射出成形プロセス
多くのプロセスパラメータは、気泡と真空気泡の生成に直接影響します。射出圧力が低すぎる、射出速度が速すぎる、射出時間とサイクルが短すぎる、供給が多すぎるか少なすぎる、圧力保持が不十分、冷却が不均一または不十分、材料温度と金型温度の制御が不適切な場合、プラスチック部品に気泡が発生します。特に高速射出時には、金型内のガスが遅すぎて排出できず、溶融材料に残留ガスが多すぎます。したがって、射出速度を適切に下げる必要があります。速度が低下しすぎて射出圧力が小さいと、溶融材料中のガスを排出しにくく、気泡、くぼみ、射出不足が発生しやすくなります。したがって、射出速度と射出圧力を調整する際には、特別な注意が必要です。
また、射出時間と圧力保持時間を調整し、冷却条件を改善し、供給量を制御することで、気泡や真空気泡を回避することができます。プラスチック部品の冷却条件が悪い場合は、離型直後にプラスチック部品を熱湯に入れて徐冷することができるため、内部と外部の冷却速度が同じになる傾向があります。

2ã€射出成形金型
金型のゲート位置が正しくないか、ゲートセクションが小さすぎる場合、メインフローチャネルとシャントチャネルが長くて狭い場合、フローチャネル内のガス貯蔵のデッドコーナーがあるか、金型の排気不良、気泡、または真空が発生します。したがって、最初に、カビの欠​​陥が気泡を生成するかどうか、および真空気泡の主な原因を特定する必要があります。次に、特定の状況に応じて、金型の構造パラメータを調整します。特に、ゲート位置はプラスチック部品の厚い壁に設定する必要があります。
ゲート形状を選択する場合、ダイレクトゲートの真空穴現象が顕著になりますので、なるべく避けてください。これは、圧力維持後のキャビティ内の圧力がゲート前の圧力よりも高いためです。この時点で直接ゲートの溶融物が凍結されていないと、溶融物の逆流現象が発生し、プラスチック部品に穴が形成されます。ゲート形状が変更できない場合は、圧力保持時間を長くし、送り量を増やし、ゲートテーパーを小さくすることで調整できます。
3ã€射出成形原料
成形原料の水分や揮発性物質の含有量が基準を超えると、材料の粒子が小さすぎるか不均一になり、供給プロセスで混合される空気が多すぎたり、原料の収縮が大きすぎたり、溶融物が大きすぎたり小さすぎたりします。溶融材料の指標、およびリサイクル材料の含有量が多すぎると、プラスチック部品の気泡や真空気泡の発生に影響を及ぼします。したがって、原材料の予備乾燥、微細材料の選別、樹脂の交換、リサイクル材料の削減によって問題を解決する必要があります。