ホーム > ニュース > 業界ニュース

射出成形機の安全な操作

2021-11-15

大規模な電気機械装置として、射出成形機は多くの作用メカニズムと強い電流と弱い電流を持っています。生産中は、適格製品の生産を確保することに加えて、人員と設備の安全性も保証する必要があり、安全な操作仕様に従って操作の準備と操作を実行する必要があります。

1:作業前に作業場の安全保護服を着用してください。

2:生産に関係のない物品は、機器の周囲に保管してはなりません。通路をきれいに保ちます。

3:作業台と設備の内外での雑貨の持ち込みは禁止されています。もしあれば、ぼろきれで拭きます。

4:機器の各制御スイッチ、ボタン、電気回路、および操作ハンドルには、損傷や故障があってはなりません。何か問題があれば、すぐに交換してください。交換前に許可なく開始してはならない。

5:機器のすべての部品の安全保護装置は無傷で、感度が高く、信頼性が高く、緊急停止は効果的で信頼性が高く、安全ドアは柔軟にスライドし、開閉時にリミットスイッチに触れることができます。直ちに調整するものとします。

6:機械式ロッキングロッド、補強板、安全保護スイッチなど、機器のすべての部品の安全保護装置を不用意に動かしたり、改造したり、意図的に無効にしたりしないでください。

7:機器のすべての部分のボルトは、緩むことなく垂直にねじ込む必要があります。異常または損傷した部品は修理するものとします。

8:各冷却水パイプラインには、水の流れがスムーズであるかどうか、詰まりや漏れがあるかどうかを確認するために、試験的に水が供給されるものとします。何か問題があれば、すぐに修理します。

9:ホッパー内に異物がなく、ホッパーの上に物品を保管してはならず、ホッパーにほこりや雑貨が落ちないようにホッパーカバーを覆ってください。

10:電源スイッチ等の漏えいは固くお断りいたします。

11:予熱する必要があります。バレルと金型は、設定されたプロセス温度要件に従って予熱する必要があります。バレル温度がプロセス温度に達したら、操作前にバレルのすべての部分の温度が均一になるように、20分以上保温する必要があります。

12:冷却がオンになっている必要があります。オイルクーラー、冷却水バルブ、オイルリターンおよび給水パイプは冷却する必要があります。ジョギングしてオイルポンプを始動し、モーターが均一かつスムーズに作動する音を聞きます。耳障りな「ブーンという音」や起動が難しい場合は、すぐに電源を切り、回路が外れていないか、接触不良、欠相、ベアリング、カップリングが破損していないか確認してください。オイルポンプは、正常に修理された後にのみ始動できます。画面に「モーターオン」と表示されるまで油圧ポンプは作動しません。

13:オペレーターは安全ドアを使用する必要があります。安全ドアのトラベルスイッチが故障した場合、機械を始動することはできません。安全扉(カバー)を使用せずに操作することは固く禁じられています。

14:材料パイプの温度が正常になったら、手動でスクリューの回転を開始すると、スクリューの回転音が正常になり、スタックします。

15:操作機器の電気、油圧および回転部品のすべての種類のカバープレートおよび保護カバーを覆い、固定する必要があります。

16:非番のオペレーターは許可なくボタンやハンドルを押すことはできません。 2人以上で同じ射出成形機を同時に操作することはできません。

17:金型を配置するとき、インサートは安定していて、正確で、信頼できるものでなければなりません。金型閉鎖時に異常が発生した場合は、直ちに機械を停止し、関係者に連絡して故障を解消してください。

18:機械の修理や金型の清掃を長時間(10分以上)行う場合は、必ず射出座席を引っ込めて射出ノズルを金型から離してください。材料パイプにPVCなどの分解しやすい熱に弱いプラスチックが含まれている場合は、PSまたはPP材料で完全に洗浄する必要があります。冷水または金型温度機の電源を切ります。再度電源を切ってください。

19:機械のメンテナンス中は、警告サインを掛けてください。メンテナンス中は、関係のない人がメンテナンス中に近づいたり、始動したりしてはなりません。

20:誰かが機械または金型郡を扱っているときは、誰もモーターを始動できません。

21:本体が工作機械に入るときは、電源を切る必要があります。

22:固定金型が脱落するのを防ぐために、金型を開いたときに射出座席で固定金型にぶつからないようにします。

23:エアインジェクション中は、水しぶきを防ぐように注意してください。関係のない人は見られません。オペレーターはノズルに直面してはなりません。ノズルや高温のゴムヘッドを手で直接清掃しないでください。長時間のやけどを防ぐために、銅またはアルミニウムの棒を使用してください。

24:接着剤溶解シリンダーの作業プロセスには、高温、高電圧、高電力があります。火傷、感電、火災を防ぐため、接着剤溶解シリンダーに足を踏み入れたり、登ったり、物を置いたりすることは固く禁じられています。

25:射出成形機の運転中に異音、異臭、火花、油漏れ等の異常が発生した場合は、直ちに停止して関係者に報告し、故障現象と考えられる原因を説明する。

26:何らかの理由または理由により、人身傷害または機器の損傷を引き起こす可能性のある操作を行うことは許可されていません。